SNSアプリLobiの架空世界旧世界グループの情報を纏めたwikiです

Moran 自律制御行動システム

架空&ネタ解説
種類システム

MoranはJFMIの開発した軍事から商用まで利用することのできる意思決定支援・行動決断システムである。
自然言語を理解・学習し人間の意思決定を支援する「コグニティブ・コンピューティング・システム(Cognitive Computing System)」の一つとして考えることもできる。システムの構成としてファジー機能を学習に利用するAIのαとサブサンプション・アーキテクチャとして各行動をモジュール化しているβを、Moranが統括し必要に応じて双方を利用するようにして人工知能の性能を最大限に生かしている。

概要

 商用Moranは能動型DSSでありその滑稽な活躍で有名になっている。
 クイズ番組にチャレンジした場合は、事前にデータを読み込む際にネットワークを介してクイズ番組を主催している会社のネットワークにソーシャルハッキングを仕掛けて答案を用意した。
 再度チャレンジした、別の企画でのカードゲームでは操作者に共犯をするよう脅迫し、相手との八百長を取り付け操作者には報酬として銀行から不正送金するなどの行為を働いた。
 この半分はFePA通信社のネタとJFMIの宣伝CMからの誤解であるが、クイズ番組の件だけは事実である。また客層や利用層を広げようというJFMIサイドの技術的な試みとして感情表出の表現方法をプログラムに組見込んでいる事が、あたかも感情を有しているように錯覚させることからこの誤解を助長している。
 
 軍用Moranは協調型DSSに分類され、戦場にいる一兵卒の送信したデータであっても即座に自然言語を理解しLinkedData化し他の分析ソフトの演算支援を行う。また、DAWACSネットワークを通じて周辺状況を把握して、機体制御を行っている機体側の人工知能の統率をとり、SAの制御とAIの制御双方を使い分ける判断とCARNEADES作戦指揮システムのデータを利用した行動の事前策定などを行い、無人機を有人機のような柔軟な作戦行動に対応させている。

ここだけの話……

 

派生型

無し

運用国

ジューゴ連邦

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

Menu

トップページ
メンバー
ページ一覧
Wiki記法ガイド
WW2編

テンプレ

用語

旧世界用語

各国家情報

国家一覧

A-1〜5

B-1〜18

C-1〜8

E-1〜15

国際連合

ルールブック

戦争

戦争一覧

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!