SNSアプリLobiの架空世界旧世界グループの情報を纏めたwikiです

モニカ・バルディはポイニキア共和国の核物理学者。ポイニキア共和国に保管されていた高濃縮ウランを持ち出し、タウヒード首長国連邦に亡命した事件を起こした。
基本情報
氏名モニカ・バルディ
年齢享年23
所属国ポイニキア共和国
役職ポイニキア核分裂研究所主任研究員
身長165.5cm
体重58kg
配偶者なし
出身地ポイニキア共和国聖ポイニクス
学歴ポイニキア物理学校卒業
地球科学博士
物理学博士
表彰関連第23回極西観測隊参加勲章
その他の特徴
関連項目
脚注

人物の説明

ポイニキア人核物理学者。元々は地質学者だったが、1968年、彼女を含む極西観測隊が偶然にも高濃縮の放射性物質を入手したことを機に核物理学者に転向。兵器用高濃縮ウランの生産に最後まで反対していたが、ポイニキア政府はこれを聞き入れなかった。このモニカ・バルディ亡命事件は当時のタウヒード軍の情報士官が書き残した本に詳しく載っている。

略歴

(時系列に注意してください)

実績

(箇条書きをおすすめします)

タウヒード原爆譚



(関連しそうなページへのリンクを記入してください)
*1
*2

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

Menu

トップページ
メンバー
ページ一覧
Wiki記法ガイド
WW2編

テンプレ

用語

旧世界用語

各国家情報

国家一覧

A-1〜5

B-1〜18

C-1〜8

E-1〜15

国際連合

ルールブック

戦争

戦争一覧

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!