SNSアプリLobiの架空世界旧世界グループの情報を纏めたwikiです

フォックスロット級高速原子力潜水艦

架空
種類攻撃型原子力潜水艦
価格予定1400億円→A評価1120億円

フォックスロット級高速原子力潜水艦は水素社会主義共和国連邦の攻撃型原子力潜水艦である。
性能緒元
全長52m
全幅9.5m
全高13m
基準水上排水量2500t
水中排水量3200t
乗員32名
武装533mm魚雷発射管×6(18発)
使用弾薬シクヴァル2魚雷
クラブ91RE1潜水艦対潜水艦ミサイル
クラブ3M54E潜水艦対水上艦ミサイル
クラブ3M14E潜水艦対地上ミサイル
PMT-1機雷
速度44kn(水中)
14kn(水上)
船体チタン合金複殻式
深度関連550m(安全)
700m(限界)
原子炉BM-40A改型原子炉(160MW)
航続距離≒∞
連続活動期間3ヶ月
前級アルファ級

概要

フォックスロット級高速原子力潜水艦は水素社会主義共和国連邦の攻撃型原子力潜水艦であり、主力原子力潜水艦であるアルファ級の後継艦にあたる。本級のコンセプトはアルファ級の高速航行能力と高速航行時の旋回性能を維持しつつ他方面でもある程度の強化を行うものとなっている。また、コムソモレツ級を始めとした他級のノウハウ等が活用されたため、多少アルファ級とはかけ離れた点も存在する。

開発

本級は前述の通りアルファ級の後継艦として開発されたが当然アクラ級などの艦も在籍しておりそのノウハウや利点も捨てがたいものであった。しかし、アルファ級の利点の中でもその運動性能は素晴らしいものでありこれを活用する方針となった。軍事的背景としては仮想敵国の原子力潜水艦の静寂性が我が国を圧倒しこのテーブルでは勝負にならないと判断され活路を見いだすために高速・高運動性能を重視することとなった。また、前項を達成するために小型艦となることは必須事項でありこの結果としてコストダウンも期待された。 しかし、小型原子力潜水艦であるがアルファ級以降の艦は大型化する傾向にあり最新型の搭載は無謀であり断念された。そのためアルファ級の原子炉を改良し信頼性をあげることが求められた。 船体はアルファ級を踏襲し静寂性よりも運動性能が優先された。しかし、時代とともに進歩した技術により本級の静寂性はアルファ級を凌駕するようになった。 ソナーはヤーセン級のMGK-600を採用しまた、ツカン航跡追尾装置を備えている。 また、アルファ級と同じように省人・自動化を進めており本級の搭乗員はなるべく抑えられている。
開発関連史
1971年アルファ級1番艦就役
1972年アルファ級1番艦、機関より火災発生
2000年フォックスロット級の元となるオブジェクトツングースカの構想・設計が指示される
2009年フォックスロット級となる設計が完了し起工同時に16隻が起工された。*1
2011年フォックスロット級1番艦が進水、フォックスロットと命名される。さらに残りの15隻も続々と進水
2013年フォックスロット就役
2014年既に就役したフォックスロット級16隻で第17.18潜水艦隊を編成、南方海域を中心に展開
2015年機雷敷設特化型のズールー級が就役

派生型

  • ズールー級
性能緒元
全長52m
全幅9.5m
全高13m
基準水上排水量2500t
水中排水量3200t
乗員32名
武装533mm魚雷発射管×6(機雷36発)
使用弾薬PMT-1機雷
速度44kn(水中)
14kn(水上)
船体チタン合金複殻式
深度関連550m(安全)
700m(限界)
原子炉BM-40A改型原子炉(160MW)
航続距離≒∞
連続活動期間3ヶ月
派生元フォックスロット級
前級アルファ級
値段1400億円
ズールー級はフォックスロット級を機雷敷設特化させたものでありフォックスロット級とは弾薬庫の作りが微妙に違うだけでほぼ変わりはない。見た目は完全に同じ。*2

運用

4隻を1個戦隊とし2個戦隊で1個潜水艦隊を編成する。本級は大量生産が予想されるため、本級のみで編成されることが多いことが予想される。また、想定されるミッションは空母打撃群の潜水艦部隊としての哨戒、敵戦略原潜への攻撃等が挙げられる。

運動性能

性能比較(一部)
艦級フォックスロット級
水上排水量2500t
最高速力44kn
停止状態から40knへの加速所要時間57秒
6knから42knへの加速所要時間175秒
停止状態から44knへの加速所要時間210秒
42knでの180°反転二度の所要時間46秒
周波数5〜200ヘルツでの騒音118dB
周波数1キロヘルツでの騒音98dB
本級は直線加速能力が極めて高い、またゴム製の水中吸音材などの使用により静寂性は非常に向上した。

食事

本級では比較的少人数である為。また、小型艦故に調理スペースが限られる隊レトルト食品や宇宙食をベースに開発されたコンパクト食(チューブや真空パック)を食すことが多い。また、生鮮食品は諦められており上陸時は生野菜などを多用した料理が全乗員に振る舞われる。金曜カレー(ルーはチューブ入り、ライスは普通)は具が無いと不評であり早急に真空パックタイプの配備が求められる。*3

装備

本級ではクラブミサイルを中心とした武装を保有する。特に潜水艦対潜水艦ミサイルは背後からの回り込み攻撃を容易にし魚雷との挟み撃ちを可能にした。

本級の次級の計画

本級の開発後に52kn級高速原子力潜水艦?*4が予定されている。その為電磁石を利用したノンシャフトスクリューのウォータージェット方式の研究が進んでいる。また、スーパーキャビテーションを利用することも検討されている。

小話

・本級の操縦桿は某ゲームのコントローラーである。
・本級のトイレはボットントイレと水洗トイレの案があったが後者が採用された。
・搭乗員が少ない為居住性は良好。
・ウォッカ精製機が搭載されているとかいないとか。
・水素精製機は搭載している。

登場作品(架空)

・そして水素は舞う
本級に酷似したランチェスター級原子力潜水艦が登場、大東海戦争に参戦するも交戦はしなかった。

運用国

水素社会主義共和国連邦

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

Menu

トップページ
メンバー
ページ一覧
Wiki記法ガイド
WW2編

テンプレ

用語

旧世界用語

各国家情報

国家一覧

A-1〜5

B-1〜18

C-1〜8

E-1〜15

国際連合

ルールブック

戦争

戦争一覧

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!