SNSアプリLobiの架空世界旧世界グループの情報を纏めたwikiです

架空
種類巡航ミサイル
価格340億円
SSM-1500 Arc-en-ciel(アルカンシェル)はシュヴェアト公国の対艦、対地巡航ミサイルである。
性能緒元
直径4.80m
全長21.0m
翼全幅9.0m
重量26000kg
弾頭1400kg
徹甲
半徹甲
榴弾
クラスター
推進方式スクラムジェット
固体燃料ロケット
誘導方式巡航 INS+司令
終末 IRH+ARH+PRH
飛翔速度巡航 M6.0(低空モード)
   M8.2(高空モード)
終末 M9.6(低空モード)
   M12.5(高空モード)
飛翔高度50〜8m(低空モード)
30000m(高空モード)
射程1300km(低空モード)
3500km(高空モード)
運用状況現役

概要

重装甲で対空防御の厚い目標を破壊するために開発されたものすごい値段とものすごい性能を併せ持つものすごい対艦、対地併用ミサイルである。

マスドライバーによって高速で発射される為、加速のための固体燃料ロケットを必要としない
スクラムジェットエンジンによって弾道ミサイルにひけをとらない速度を得ており、それ故に発生する高熱に耐えるために耐熱タイルが貼られている
ミサイル自体の強度もマスドライバーでの発射に耐えるためにかなり強固になっているためかなりの頑丈さを誇る
スクラムジェットエンジンを採用しているため、発射前に液体水素燃料の注入が必要である。

発射後、衛星などから連続的に目標の座標を受信し、それに向けて飛行する、レーダー起動後は目標の未来位置を予測しながら高速で突入する

低空モードでは高度500mを巡航、目標1000km圏内に入ると高度を50mまで下げ、300km圏内に入ると高度を8mに下げて飛翔する
高空モードでは発射後30000mまで上昇、高速で巡航し目標300km圏内に入ると目標めがけて飛翔する
どちらのモードも彼我距離が60kmを切ると固体ロケットにも点火しレーダーも起動、最大24Gの回避運動を行いながら目標に突入する

着弾時の威力は弾道ミサイルの直撃に匹敵するため、この世に存在するすべての目標を破壊できると言われている
命中率は試験では低空モードで9割、高空モードで8割を記録した

重装甲目標向けの徹甲/半徹甲弾頭以外に榴弾、2500個のテニスボール大の爆弾をばらまくクラスター弾頭がある

マスドライバーを使用しない型であるSSM-1500Rも開発されており、こちらは分離式固体燃料ロケットユニットを追加したもので、派生型として垂直発射型のSSM-1500V 、潜水艦発射型のSSM-1500S、空中発射型のASM-1500Rがあり、それぞれ340億円である

派生型

SSM-1500R
SSM-1500V
SSM-1500S
ASM-1500R
全て340億円

関連項目

タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

Menu

トップページ
メンバー
ページ一覧
Wiki記法ガイド
WW2編

テンプレ

用語

旧世界用語

各国家情報

国家一覧

A-1〜5

B-1〜18

C-1〜8

E-1〜15

国際連合

ルールブック

戦争

戦争一覧

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!