SNSアプリLobiの架空世界旧世界グループの情報を纏めたwikiです

キグナス級戦艦

架空&過去&ネタ
種類戦艦
価格N/A
戦艦キグナスはミリアス皇国が保有していた最後の戦艦である。現在の当艦及び同型艦全てに戦闘力及び再就役の予定はなく、観光地として扱われる。
性能緒元
全長285m
全幅40m
喫水11m
排水量基準72,000t
満載80,500t
乗員3450名
武装4式50口径463連装砲改3 x4
1式60口径15.53連装砲改10 x2
40口径12.7cm連装高角砲 x14
253連装機銃 x56
12.7mm機銃 x4
速度31kt
エンジン278,000ps
航続距離14,100海里/18kt
電探3年式水上探知装置
34号対空電探
搭載機数最大7機

概要

 キグナス級戦艦はミリアス皇国が過去に建造した超大型戦艦である。ミリアス帝国クーデターでの戦績は大きいものだったと伝えられている。
 50口径の46cm3連装砲を4基も搭載するという野心的な挑戦だったが、設計は極めて保守的。
 現在は観光地であり、再使用は不可能となっているので「兵器」としては扱われず、ここでは「観光地」として扱われる。

派生型

 戦艦キグナス日本仕様
   日本で行われた改装の結果、1番艦キグナスは13号電探を装備され、対空監視能力が高まった。更に高角砲を65口径10冢∩高角砲に換装するなど、対空火力もアップしている。
   だが、その努力も空しく事故によって沈没することになった。
 戦艦キグナス・サルベージ&再就役仕様
   沈没していた戦艦キグナスを引き上げ、ミサイル戦艦とする案。
   完成すれば、搭載されていた主砲と副砲の他に対空ミサイル発射機や新型レーダー、FCSを搭載、飛行甲板はヘリ甲板へと改装される予定だった。しかし、計画当時は戦艦不要論が高まり計画中止。
   現在開発中の戦艦にも設計の一部が受け継がれている。
 戦艦キグナス・宇宙戦艦仕様
   ジェラルド社の独自案である、戦艦キグナスを基にした超大型宇宙戦艦の建造案。開発中のプラズマエンジンを使用し、超光速航行により銀河間航行を達成する予定。
   航空機格納庫や旧エンジン、舵室を廃し巨大なエンジンとノズルを配置。前方に大きく船体を伸ばし飛行甲板及び高エネルギービーム砲の積載、フェーズドアレイレーダーの搭載が検討されている。

運用者(国家、組織、個人含)

・ミリアス皇国(1941〜43年)
・ミリアス帝国(1942〜46年)
・ミリアスクーデター軍(1942〜46年)
・ジェラルド社(2014〜15年)
・早川かがみ(2015年〜)

観光地として

 1番艦キグナス、4番艦アウリアは残骸が発見されており、特にキグナスは保存状態が良いのでダイビングスポットや潜水艦でのツアーの目玉となっている。
 場所はファイラスシティの近辺、水深40mの海底。商船の航路から大きく外れた位置に存在するため、いつでも見に行くことが可能。空港からのアクセスもよいお陰で、ミリアスでも屈指の観光スポットとなっている。
 2番艦リデオルの所在は不明。沈没しているが船体は発見されていない。
 3番艦マリウスは唯一生き残った戦艦であり、ファイラスシティに記念艦として保存されている。

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

トップページ
メンバー
ページ一覧
Wiki記法ガイド
WW2編

テンプレ

用語

旧世界用語

各国家情報

国家一覧

A-1〜5

B-1〜18

C-1〜8

E-1〜15

国際連合

ルールブック

戦争

戦争一覧

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!